香川から讃岐うどんをお取り寄せしました

香川といえば讃岐うどん。以前に香川県に行った時に美味しかった日の出製麺所の讃岐うどんをインターネットでお取り寄せしました。

日の出製麺所は1日に1時間しか開店していないうどん店として有名ですが、製麺所というだけあってお土産用うどんの種類が豊富です。1年以上の保存がきく乾麺から、45日くらいの半生、1週間くらいの生麺と、賞味期限や用途に合わせて選べるのもさすがです。

今回は自宅用に半生麺をお取り寄せしてみたのですが、打ちたてのように打ち粉がまぶしてある真空パックで、さすが本場の讃岐うどんと思いました。
打ち粉を払ってから12分以上茹でて、その後水で締めていただくのですが、コシの強さが香川で食べた物と同じで、スーパーで売っている冷凍やチルドのものとは全然違います。

麺の色もうっすら黄色かかっていて茹でていると小麦の香りが漂ってきます。希釈して使うつゆも付いているので、今度はこれをまとめ買いして友達とシェアしてレギュラーで食べようかと思っています。

香川から讃岐うどんをお取り寄せしました はコメントを受け付けていません。 麺類