香川から讃岐うどんをお取り寄せしました

香川といえば讃岐うどん。以前に香川県に行った時に美味しかった日の出製麺所の讃岐うどんをインターネットでお取り寄せしました。

日の出製麺所は1日に1時間しか開店していないうどん店として有名ですが、製麺所というだけあってお土産用うどんの種類が豊富です。1年以上の保存がきく乾麺から、45日くらいの半生、1週間くらいの生麺と、賞味期限や用途に合わせて選べるのもさすがです。

今回は自宅用に半生麺をお取り寄せしてみたのですが、打ちたてのように打ち粉がまぶしてある真空パックで、さすが本場の讃岐うどんと思いました。
打ち粉を払ってから12分以上茹でて、その後水で締めていただくのですが、コシの強さが香川で食べた物と同じで、スーパーで売っている冷凍やチルドのものとは全然違います。

麺の色もうっすら黄色かかっていて茹でていると小麦の香りが漂ってきます。希釈して使うつゆも付いているので、今度はこれをまとめ買いして友達とシェアしてレギュラーで食べようかと思っています。

トビウオから作られたうどん

宮崎県日南市というところからお取り寄せしました。
トビウオから作られたうどんということでとってもめずらしくまたとっても体に良いということで食べてみました。

うどんというなまえから小麦粉をこねて作ったもっちりした食感を想像していたのですが全く違いました。見た目は細長くうどうのような形態なのですが、ちょっと透き通るような感じで魚の成分なのか黒い粒が練りこんであるような感じです。食感はうどんとところてんをミックスしたような何とも言えない独特の感じで、もっちりというよりさらっとしている感じです。

魚臭くは全くありません。歯ごたえがありサクサク感で食べれるのがたまらなくおいしいです。
トビウオから作られているので、DHA,EPAという血液サラサラになる成分が豊富で体にとてもいいそうです。

戦時中、主食が不足していたころに代用食として魚でうどんを作ったものなのだそうです。そういう思いを分かった上で食べるとまた一段と大切に食べれるようになりました。

九州ラーメンセット

この間、九州ラーメンご当地代表が勢ぞろいの4食詰め合わせセットというのを注文しました。
私は勝手に、味噌、醤油、塩、とんこつの4種類だと思っていたけど、届いてみると、醤油1つに豚骨3つでした。
でも、豚骨でも、久留米、熊本、博多と各地の豚骨だったのである意味比べられて楽しめました。

普段食べているインスタントラーメンや、カップラーメンとは、やっぱり比べものになりませんね。
本当にお店で食べているかのようなクオリティの高いラーメンでした。

全部麺の種類が違って歯ごたえや風味を楽しめたし、自分の好きな麺を発見できました。
最初は半信半疑で注文したのに、今では虜になっています。
作るのも普通のインスタントラーメンとかわらないので、とても簡単でした。

これに出会えたことでわざわざラーメン屋さんに行かなくてもいいやと思えました。
去年子供が産まれて、中々外食ができない私にはぴったりの商品です。
急な来客でも喜んでもらえる逸品だと思うので、我が家は常駐しておきます!

本場の伊勢うどんはおいしかったです

今年の5月の連休に、たまっていたポイントを使って、伊勢うどんを取り寄せてみました。
いわゆるおみやげ品で食べたことはあるんですが、ふつうのスーパーなどにありそうでないもので、それ以来なかなか食べる機会がなかったのでした。

さて、おみやげ品で食べて以来、気になっていた伊勢うどんですが、やっぱり、ふつうのうどんとは、まったく違いました。
まず、つゆが全く違います。
まるでしょうゆそのもののような黒い色なんですが、あまりしょっぱさはなく、美味しくいただけます。

わたしは、生卵と混ぜて食べたんですが、とてもまろやかな味を楽しむことができました。

おみやげでいただいた時は、サービスエリアで買ったものだときいたんですが、なかなか遠くまで買いに行くこともできないので、もう一度食べたいという願望はしばらく叶いませんでした。
しかし、ネットで簡単にお取り寄せできたので、本当にうれしかったです。
家にいながら、各地の名産品を味わえるのがいわゆるお取り寄せグルメの醍醐味だと思います。